松島町では、平成9年10月より町営バスの運行を開始し、路線を増やすなどの見直しを図りながら現在の運行形態に至っています。しかしながら、利用者の減少や、事業費の増加、空バスの問題などが度々指摘されるようになり、さらには、人口減少、急速な高齢化、周辺自治体におけるデマンド型交通の導入、避難道路の整備による新たな道路網の整備など、まちづくりと連携した公共交通ネットワークを再構築する必要性が高まっています。

このため町では、新たな公共交通の施策体系(マスタープラン)を整理した「松島町地域公共交通網形成計画」を策定しました。

以下に計画の内容をアップロードします。

 

松島町地域公共交通網形成計画

 表紙・目次.pdf [82KB pdfファイル] 

 第1章 計画策定の背景と目的 [131KB pdfファイル] 

 第2章 上位計画・関連計画の整理 [481KB pdfファイル] 

 第3章 地域概況 [6449KB pdfファイル] 

 第4章 地域公共交通の現状・問題点 [356KB pdfファイル] 

 第5章 目標達成に向けた施策・事業 [3058KB pdfファイル] 

 

計画の概要

1 計画の概要

   松島町全域

 

2 計画の基本理念

    ここちよく元気な暮らしを支える公共交通ネットワークの確立

 

3 計画の基本方針・目標

    基本方針(1):暮らしを支える公共交通ネットワークの再編

           ▶基本目標:住民が安心して暮らし続けられる公共交通ネットワークを確立する

        基本方針(2):持続可能な公共交通体系の構築
           ▶基本目標:住民が将来にわたり安心して利用できる地域公共交通を確保する
 
        基本方針(3):誰もが親しみ・利用しやすい町営バスの環境整備
           ▶基本目標:誰もが親しみを持って、迷わず利用できる交通環境を整備する
 
        基本方針(4):まちづくりや観光振興等との一体性の確保
           ▶基本目標:交流人口の拡大や地域の活性化を支え公共交通を確立する
 
4 計画の期間

    平成30年度~平成34年度