ジカ熱やデング熱は蚊に刺されることで感染します。

 ジカウィルス感染症(ジカ熱)やデング熱の原因となるウィルスは、感染した人の血を吸った蚊(ヒトスジシマカ)の体内で増え、その蚊がまた、違う人の血を吸う事で感染が広がっていきます。

 感染してもすべての人に症状が出るわけではありませんが、発熱や関節の痛み、発疹がでるといった症状が1週間ほど続きます。

 蚊がいそうな場所に行くときは、肌を露出せず、虫除けスプレーを使用するなど、できる限り、蚊に刺されないような対策を行うことが大切です。

 

ジカ熱(ジカウィルス感染症)とは

 ジカウィルスを媒介する蚊に刺されることで感染する病気です。

 感染から発症までの潜伏期間は2~14日です。ウィルスに感染しても発症しない場合がありますが、発症した場合の症状は、軽度の発熱・結膜充血・筋肉痛・関節痛・頭痛などの症状が現れます。症状は比較的軽いですが、ワクチンなどは存在しません。

 

デング熱(デングウィルス感染症)とは

 デングウィルスを媒介する蚊に刺されることで感染する病気です。

 感染から発症までの潜伏期間は2~14日です。ウィルスに感染しても発症しない場合がありますが、急激な高熱(38度以上)で発症し、頭痛・骨関節痛・筋肉痛・吐き気・発疹・嘔吐などの症状が現れます。

 まれに重症化して出血症状を伴う重症デングウィルス感染症、いわゆるデング出血熱を発症する場合があります。

 

治療法について

 デングウィルス等に効果のあるクスリ・ワクチンは、現時点ではなく、対症療法での治療となります。

 ※前述の症状が、出た場合には速やかにお近くの医療機関を受診してください。

 

予防策について

 予防接種はありませんので、ウィルスを媒介する蚊に刺されないことが重要となります。

 ※蚊(ヒトスジシマカ)は、青森以南のほとんどの地域に生息しています。活動時期は5月中旬~10月下旬です。

 また、蚊を増やさないことも重要となります。

 ●蚊のいるような場所に行く場合には

  ・肌を露出しない長袖、長ズボンを着用する

  ・素足でサンダルを履かない

  ・白などの薄い色のシャツやズボンを着用する

  ・虫除けスプレーを使用し刺されないようにする。

 

 ●蚊の発生を減らために

  ・定期的に幼虫が発生しそうな、水が溜まる場所の除去や清掃をしましょう。

   (例)植木鉢の皿・古タイヤ・屋外に放置された空き瓶、缶、ペットボトルなど

 

海外へ渡航される方へ

 デング熱は、熱帯・亜熱帯の全域で流行しており、東南アジア・南アジア・中南米で多くの患者が発生し、アフリカ・オーストラリア・南太平洋諸島でも発生が報告されています。

 これらの発生地域へ渡航する際には、蚊にさされない対策を充分に行い、帰国後に症状が出た場合には、速やかに医療機関を受診し、医師に渡航先、渡航期間、渡航先の活動、蚊にさされた場所などを詳しく伝えてください。

 

 最新情報・詳しい情報は下記のリンクをご参照ください。

蚊の生息状況調査結果(宮後県ホームページ)

感染症について(厚生労働省ホームページ)

デング熱とは(国立感染症研究所ホームぺージ)

デング熱にご注意を(政府広報オンライン)

ジカ熱・デング熱対策ポスター(1)(厚生労働省ホームページ)

ジカ熱・デング熱対策ポスター(2)(厚生労働省ホームページ)