太陽光発電システム -電気代が安くなるってホント?-

 

 太陽光発電システムとは、屋根に取り付けた太陽電池で、太陽の光から電気を作るシステムです。 国は住宅用太陽光発電システムの普及に関して補助金と買い取り制度の2つの政策を導入しています。 地球温暖化防止策の一つとして注目されています。


相談例・・・


 突然、家に来た業者に「今なら工事、設置に国から補助金も出るので、お宅だけ特別に安く取り付けられる。 余った電力は電力会社に売ることができ、設置費用と差し引きしても電気代は今より安くなります」と勧められ、契約してしまった。 他の業者の見積りよりも30万円も高かった。解約したい。


トラブルを防ぐためのポイント!

△見積りは複数取り、比較検討をしましょう。「モニター価格」「キャンペーン価格」また、「家電製品のサービス」と 言われても複数の業者から見積りを取り、契約内容や補助金制度、アフターサービス等を比較検討した上で慎重に契約しましょう。
 メンテナンスは保証期間が過ぎると費用がかかること、発電量は確定されたものではなく、設置位置、周辺環境の変化、 その年の気候によっても変動されるので注意が必要です。補助金制度、買い取り制度等複雑です。事業者まかせにせず納得した上で契約しましょう。

△訪問販売での契約は、8日間までクーリング・オフができます。クーリング・オフが過ぎても勧誘時の説明や、 強引に契約させられた場合は取り消しができる場合があります。