<<前の月

平成23年5月

次の月>>

平成23年5月29日 日曜日

 根廻コミュニティ推進協議会と松島一の坊が主催する「根廻産タケノコで夕食交流会」に参加し、松島東部地域交流センターに避難している東松島市民の皆さんや同所の体育館を拠点としてボランティア活動を行っている兵庫県舞子高校の生徒の皆さんと交流しました。

 タケノコご飯やタコノコのみそ汁のほか、松島一の坊の料理長さんや根廻地区の皆さんが腕によりをかけた料理が提供され、多くの皆さんがおかわりするほど好評でした。

 

平成23年5月27日 金曜日

 松島町食生活改善推進会設立50周年記念式典に出席しました。

平成23年5月26日 木曜日

 88才を迎えられた4人の方のお宅を訪問し、敬老祝い金を贈呈しました。

 

 

平成23年5月25日 水曜日

 宮城黒川地方(利府町、大和町、松島町、七ヶ浜町、大郷町、富谷町、大衡村)町村会臨時総会に出席しました。

 また、同会で村井嘉浩知事に対し、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う要望書を提出しました。

平成23年5月24日 火曜日

 兵庫県立舞子高校の校長先生が来町し、災害ボランティアとして長期に亘り活動していただいている生徒への激励と感謝を申し上げました。

 また、午後からは平成23年度東北地区港湾整備促進協議会理事会・通常総会、東北の港湾復興を考える意見交換会に出席しました。

平成23年5月23日 月曜日

 二市三町(塩釜市、多賀城市、松島町、七ヶ浜町、利府町)でつくる広域行政連絡協議会で、村井嘉浩知事と畠山和純県議会議長に対し、震災復興支援などを求める要望書を提出しました。

平成23年5月21日 土曜日

 松島第一小学校と松島第五小学校で、震災後初めての運動会が行われ来賓として出席しました。

 午後からは、東日本復興イベントとして開催された林家卯三郎さん出演の上方落語会に出席しました。

 

平成23年5月20日 金曜日

 落語家の林家卯三郎さんが来町しました。卯三郎さんには、5月21日に東日本大震災復興イベントとして開催される上方落語会で、町民の皆さんに笑いを届けていただきます。

 

平成23年5月19日 木曜日

 溝畑宏観光庁長官と清谷伸吾東北運輸局長が来町し、町内の観光業者と意見交換会を行いました。

 また、災害ボランティアとして東松島市で1ヶ月に亘り活動し、松島東部地域交流センターに宿泊している兵庫県立舞子高校環境防災科の生徒のみなさんを激励しました。

 

平成23年5月17日 火曜日

 阿久津幸彦内閣府大臣政務官と二市三町(塩釜市、多賀城市、松島町、七ヶ浜町、利府町)による合同意見交換会が塩竈市役所で行われ、災害対応支援に係る要望書を提出しました。

 

平成23年5月16日 月曜日

 復興の基本方針、復興計画の策定、復旧及び復興関係の各種施策の推進のため、松島町震災復興推進本部を設置しました。

 また、教皇庁開発援助促進評議会議長のロベール・サラ枢機卿とアルベルト・カステッロローマ法王庁駐日大使等が来町され面会しました。サラ枢機卿は、遊覧船に乗船し海上で東日本大震災で犠牲となった方々の安息を祈るための鎮魂の祈りと献花をされました。

 

 なお、この訪問は、西村副町長が平成7年の阪神淡路大震災の際、神戸市のカトリックたかとり教会でボランティア活動をしたことが縁で、同教会関係者が今回の震災後、来日が決まっていたサラ枢機卿に、比較的早く復興した松島町を見ていただこうと副町長に打診して実現したものです。

平成23年5月15日 日曜日

 松島町観光親善大使の速水けんたろうさんが来町し、ファミリーコンサートなどで募った募金と子どもたちが折ってくれた千羽鶴をいただきました。速水さんは町内の避難所を訪問し、ヒット曲の「だんご三兄弟」などを歌って避難されている方々を励ましていました。

平成23年5月13日 金曜日 

 課長会議を開催し、災害復旧などについて検討を行いました。

平成23年5月12日 木曜日

 庁議を開催し、災害復旧支援事業などについて検討を行いました。

平成23年5月11日 水曜日

 庁内において課長会議を開催。災害復旧についてなど話し合いました。

 塩釜地区広域行政連絡協議会に出席。二市三町(塩釜市、多賀城市、松島町、七ヶ浜町、利府町)で災害復興支援への宮城県に対する要望などについて話し合いました。

 愛知和男前衆議院議員が来庁され災害復旧に作業への激励をいただきました。

平成23年5月10日 火曜日

 庁内において課長会議を開催。災害復旧などについて話し合いました。

平成23年5月9日 月曜日

 庁内における課長会議を開催。災害復旧などについて話し合いました。

 倉敷市の伊東香織市長が来町されました。伊東市長からは「同じ観光地として松島町の一刻も早い復興を願い、また、復興に向けた大きな一歩を踏み出すきっかけになれば良いと思います」と、心強いお言葉をいただきました。

 

平成23年5月8日 日曜日

 松島町観光親善大使の水森かおりさんが来町され、避難所を慰問されました。避難所では、震災後歌うことを自粛していたという「松島紀行」などを熱唱。記念撮影や握手などに応じ、避難者を激励していただきました

 また、磯崎区の総会に出席しました。

 

平成23年5月7日 土曜日

 読売テレビウェークアッププラスの生中継に出演しました。観光地としての復旧状況や観光をとおして周辺の被災地の復興を牽引していくことなどを全国にPRしました。

平成23年5月6日 金曜日

 庁内において課長会議を開催。災害復旧などについて打ち合わせを行いました。

 また、多賀城駐屯地國友第22普通科連隊長、上原第4中隊長が来庁し、災害復旧に係る協力などについて打ち合わせを行いました

平成23年5月4日 水曜日

 台湾仏教会 会長 円宗長老をはじめとした慰問団が瑞巌寺(陽徳院本堂)が瑞巌寺を訪れ、震災による被災者慰霊法要が開催され、大橋町長も出席しました。

 また、石山敬貴衆議院議員外、宮城県選出議員への災害状況説明及び災害復旧支援に係る要望について話し合いました。

平成23年5月2日 月曜日

 朝礼を行い、「周辺の被災している市町村に勇気を与えるため、元気な松島を発信していきましょう」と職員へ訓辞しました。

 また、磯島など地盤沈下による高潮の被害状況などを視察しました。