金色に輝く海とその傍らに広がる緑陰の濃い島々。
縦横無尽に光が遊び、その後を陰が追いかける。
中世から人々を魅了した松島観光の本質を味わいましょう。
 

西行戻しの松公園の朝日

この公園は松島海岸背後地一帯で一番眺望のよいところで、松島を壮大な箱庭のように見ることができます。
四季折々に太陽が昇る場所が変わり、福浦島より朝日が昇る姿はまさに壮大なスケールで、光が迫ってくる景色は迫力満点です。
また、併設してある国際交流村には散策路があり、その途中にも景色がみられるスポットがあるので朝の散策コースとして最適です。
毎年初日の出には多くの見物客で賑わいを見せます。
 

福浦島に沈む夕日から手樽地区銭神漁港付近

松島町手樽海浜公園に隣接しているこの場所は、あまり知られていない夕焼けのスポットで地元の人も知らない人が多い。
同じ町で海上での日の出、日の入りがみれるケースは少なく貴重な場所です。
福浦島に太陽が落ちていき、空と海が七色の夕焼けに染まる光景はまさに絶品です。
知られざる松島と向かい合ってみましょう。
又、手樽海浜公園では魚つりやウォーキングを楽しんだ後に夕日をみるのも、贅沢な体験ではないでしょうか。
 

双観山の日の出


 

金華山に昇る感動の太陽を拝めるスポット。
湾に浮かぶ島々はもちろんのこと、牡鹿半島や金華山まで眺めることができ、特に金華山の向こうから日が昇る昇る光景はすばらしい。