松島の月見

松島の月を風流に愛でながら
刻は移れども
永遠にかわらぬ月との出会い
至高の月を今様に愛でる

松島の至高の月と伊達な月見
 

観瀾亭の月見
豊臣秀吉から伊達政宗が拝領した観瀾亭は伊達藩主の納涼、観月の亭として「月見御殿」とも呼ばれました。
観瀾亭から見ると、美しい島の夜景に包まれた松島の海に浮かぶ月はまさに名月。
あなたを伊達な世界へと導きます。
 双観山の月見

松島展望地の一つと知られる双観山。
国道45号沿いに位置し松島海岸から近場の展望地です。
全面に横たわる松島湾と外洋とを境とする島々が一望にでき、そこに浮かび上がる月は壮大で、闇の遙か彼方、伊達政宗公の刻まで響きかけるかのような感動の瞬間です。