1974年10月より読売テレビ系列でテレビアニメーションが放送されたのち、日本全国にブームを巻き起こした「宇宙戦艦やヤマト」。本年2014年は「宇宙戦艦ヤマト」のテレビシリーズ第1作から40周年を迎えます。

『宇宙戦艦ヤマト』と『日本三景観光連絡協議会』とのコラボ企画が実現!

 『日本三景』は江戸時代、全国を行脚した儒学者の林春斎が「日本国事跡考」において、卓越した三つの景観として紹介したのが始まりとされています。日本三景に共通する、紺碧の海、松の木の深い緑を有した景観を守ってきたのが日本三景観光連絡協議会です。昭和49年12月に設立以来、林春斎の誕生日7月21日を日本三景の日と制定するなど、40年にわたり普及、保護に努めてきました。

 『宇宙戦艦ヤマト』と『日本三景松島』。お互いの40周年を契機に、青い海、緑の故郷を守る存在という観点から、本年7月から来年春までの間、様々なイベントを実施することとなりました。

丹後天橋立

 

ズーム

 内海の阿蘇海と外海の日本海(別名与謝の海)を分ける天然の橋は、沿岸流により運ばれ堆積して形成された砂嘴(さし)で、全長は約3.6kmにも及び、約8,000本もの黒松が生い茂っています。傘松公園からの眺めが有名ですが、歩いてわたるのも一興です。京都府北部は「海の京都」とも称され、伊根の舟屋などの名所も多く、温泉も充実、冬の松葉かになど美食にも定評があります。

コラボ企画(1) 宇宙戦艦ヤマト2199”ラッピングバス”運行中!

 ●運行期間 2014年6月30日~2015年3月(予定)

 ●運行区間 丹後海陸交通路線バス天橋立区間(宮津~伊根間を運行)

 ※運行情報など詳細は丹後海陸交通株式会社のホームページをご確認ください。

コラボ企画(2) 天橋立観光船「かもめ号」”往復記念切符”発売中!

 ●天橋立観光船かもめ号往復記念切符 1,060円

 ●販売場所 丹後海陸交通船舶切符販売窓口各所、天橋立駅内観光案内所ほか

 ●商品仕様 むらかわみちお描き下ろしイラストデザイン切符、特製クリアファイル、特製設定資料、特製壁紙、
       小野大輔による天橋立観光案内ナレーション
 ※詳細は丹後海陸交通ホームページよりご確認ください。
コラボ企画(3) 天橋立観光船「かもめ号」”船内ナレーション”放送中!

 天橋立観光船「かもめ号」にて、古代進役小野大輔さん、岬百合亜役内田彩さんによる観光案内船内ナレーションが流れます。

 ●運行期間 2014年7月5日~2015年3月31日まで実施予定

 ●運行区間 阿蘇海(天橋立地区)

 ※運行状況、価格などの詳細は丹後海陸交通ホームページにてご確認ください。

安芸の宮島

 

ズーム

 太古より島全体が神として崇められてきた宮島。豊かな緑の原始林を有する主峰”弥山(みせん)”に抱かれた、瀬戸内海に浮かぶ神の島です。その宮島を代表するのが、約850年前、平清盛が現在の形に造営し、21世紀の今も寝殿造りの建築美を誇る厳島神社。日本人の精神文化を理解する上で重要な資産として、世界文化遺産に認定されています。潮が満ちた厳島神社は幻想的で、干潮時は大鳥居までのお散歩も魅力的です。昨年12月にリニューアルされた弥山展望台は360°の大パノラマ、豊富な文化財が残る門前町・宮島の歴史民俗資料館、そして秋には、燃えるような紅葉が美しい紅葉谷公園もぜひ訪れてほしい名所のひとつです。

コラボ企画(4) JR西日本宮島フェリー、宮島松大汽船にて”船内ナレーション”放送が決定!
コラボ企画(5) 9月25日(木)、宮島・厳島神社にてヒット祈願を実施予定
陸前松島

 

ズーム

 松島湾に浮かぶ大小260余りの島々に、青々とした松がこんもり生い茂る風景は、まるで一幅の日本画。朝夕、そして四季折々、豊かに表情を変える風景に、癒しを求める訪問者は数知れません。それだけではなく、この多数の島々が、東日本大震災の際、自然の防波堤となり松島湾一帯を津波から守ってくれたのです。美的な対象以上の存在として、その価値は高まっています。ヤマトとのコラボでは、遊覧船内のナレーションで古代進役と岬百合亜役の声優が「ウミネコの大量繁殖で松の育成に被害が出ている」ことをアピール。本来の状態に戻るまでの「餌付け規制」への協力も呼び掛けています。

コラボ企画(6) 「松島遊覧船」にて”船内なナレーション”放送が決定!

 遊覧船での餌付けによるウミネコの大量繁殖、そのフンなどから発生する窒素の増加により、新たに植えた松が育たない被害が出ています。そこで個体数が減少するまで、「遊覧船での餌付け」規制の船内アナウンスで、古代進役小野大輔さん、岬百合亜薬内田彩さんが呼びかけを行う予定です。