平成28年台風10号につきましては、強い勢力を保ったまま、東北地方に直接上陸する恐れが出ています。

 今後の状況によっては、大切な家屋や財産とともに、昔から伝わる古い書類や手紙、書画、骨董品などの資料も痛んでしまう恐れがあります。

 また、蔵や倉庫などを片付けているなかで、これまで気付かなかった古い物が見つかることもあります。

 

もし今後、下記のような事例等が発生した場合には、ご相談ください

◇ご先祖から伝わった古い書類や道具が、今回の台風で痛んだり、こわれてしまった。

 ※ぬれてしまったものでも、修理できる可能性があります。ぜひご相談ください。

 ※ぬれてしまった書類は、可能であれば冷凍しておいてください。カビや腐敗を食い止めることが出来ます。

◇お宅から古いもの(古文書、古美術品・古い書類など)が出てきた。

◇今後の古い書類や骨董品の保管について心配がある。 

相談先

NPO法人 宮城歴史資料保全ネットワーク

TEL022-752-2143

http://www.miyagi-shiryounet.org/